美人プロ ネリー・コルダが単独首位に浮上、2打差にキム・インキョン

美人プロ ネリー・コルダが単独首位に浮上、2打差にキム・インキョン

ジェシカ・コルダの妹、ネリーが単独首位に浮上(撮影:GettyImages)

<マラソン・クラシック 3日目◇22日◇ハイランド・メドーズGC(6,476ヤード・パー71)>

米国女子ツアー「マラソン・クラシック」の3日目。首位と1打差の2位タイから出たネリー・コルダ(米国)が6バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを5つ伸ばしトータル15アンダーでフィニッシュ。ツアー初優勝へ単独首位で最終日を迎える。ネリーの姉はツアー通算4勝のジェシカ・コルダ(米国)。


ジェシカは身長180センチ、ネリーも177センチある大型プレーヤー。姉妹そろってモデル体型の美人プロ、この優勝でニューヒロインの座を射止めることができるか。

2打差の2位には韓国のキム・インキョン、3打差の3位タイには先週全米女子オープンを制したパク・ソンヒョン(韓国)やレクシー・トンプソン(米国)、アディティ・アショク(インド)ら6選手がつけている。

この大会には4人の日本勢が出場していたが、残念ながら全員予選で姿を消してしまった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)