“逆転のナリタ”ならず… 成田美寿々は後半崩れ3位で終戦

“逆転のナリタ”ならず… 成田美寿々は後半崩れ3位で終戦

3戦連続のトップ5フィニッシュとなった成田美寿々(撮影:佐々木啓)

<センチュリー21レディス 最終日◇23日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,567ヤード・パー72)>

通算7勝のうち、実に5勝が逆転劇。「追いかける立場の方が私は得意」と常々話す成田美寿々。「センチュリー21レディス」の最終日も1打差を追いかけてスタート。一時はトップに立つもバックナインで3ボギー。結局4バーディ・3ボギーの“71”とスコアを1つしか伸ばせず、トータル9アンダーの3位タイで大会を終えた。


確かに“逆転のナリタ”を予感させる前半だった。出だしの1番パー5で2打目を花道まで運び“寄せワン”でバーディ発進すると、8番も手前3mを沈めてガッツポーズ。優勝争いを繰り広げるメンバーの中で一番の安定感を誇った。

勢いそのままに折り返した10番でもバーディを奪ったが、12番で「グリーンが思ったよりも速かった」とボギー。「あれで流れを切ってしまった」と15番、16番で連続ボギーを叩き優勝戦線から脱落した。

「振り返ってみれば今週はあまりバーディパットが入っていなくて。それで波に乗れなかったんだと思う。5mくらいのバーディパットが一発入ってくれていれば…」と成田。数少ない収穫は17番。カラーからパターで直接決めて「獲ろうと思ってたバーディを獲ることができた。すごく自信になります」とコメントし、クラブハウスを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>