ユン・チェヨンが来季のシード権ほぼ手中に ツアー2勝目の穴井詩は賞金ランク27人抜き

ユン・チェヨンが来季のシード権ほぼ手中に ツアー2勝目の穴井詩は賞金ランク27人抜き

来期のシード権をほぼ手中にしたユン・チェヨン(撮影:佐々木啓)

国内女子ツアー「センチュリー21レディス」終了時の賞金ランキングが発表された。


ランキングトップ3の中では鈴木愛が唯一出場。賞金ランク首位を走るキム・ハヌル(韓国)への追撃を図ったが、46位タイと結果は振るわず。獲得賞金は約30万円に留まり、賞金ランク2位の座はキープしたものの、依然としてハヌルには大きく水を空けられている。

同大会でツアー2勝目を飾った穴井詩は優勝賞金1440万円を獲得し、前週の43位から16位へとジャンプアップ。その穴井と優勝争いを繰り広げたユン・チェヨン(韓国)も704万円を獲得。今季の獲得賞金額を2426万円とし、賞金シード獲得予想ラインである2000万円を突破。来季のシード権をほぼ手中に収めている。

なお、トップ10の選手に入れ替わりはなかった。

【国内女子賞金ランキング】
1位:キム・ハヌル(89,922,000円)
2位:鈴木愛(80,380,800円)
3位:イ・ミニョン(64,687,000円)
4位:テレサ・ルー(59,593,000円)
5位:上田桃子(47,157,499円)
6位:全美貞(46,420,333円)
7位:アン・ソンジュ(43,617,215円)
8位:堀琴音(41,447,166円)
9位:川岸史果(41,131,000円)
10位:西山ゆかり(38,829,000円)

16位:穴井詩(27,377,357円)
20位:イ・ボミ(24,811,000円)
21位:ユン・チェヨン(24,268,400円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>