大東建託・いい部屋ネットレディスジュニアトーナメントが開催 古江彩佳ら3人が本戦への切符を掴む

大東建託・いい部屋ネットレディスジュニアトーナメントが開催 古江彩佳ら3人が本戦への切符を掴む

本戦出場を決めた3人と大会事務局長(写真提供:大会事務局)

<大東建託・いい部屋ネットレディス 事前情報◇24日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,587ヤード・パー72)>

27日(木)に山梨県にある鳴沢ゴルフ倶楽部で開幕する第3回「大東建託・いい部屋ネットレディス」。開催に先立ち23日(日)、本戦出場を懸けたジュニアトーナメントが行われ古江彩佳、石澤梨杏、西郷真央の3人が切符を手にした。


「最初は緊張からかティーショットのミスが多かったのですが、セカンドショットでカバーすることができ、とてもいいスコアで回れました」と話すのはトップ通過した古江。2016年の「日本女子オープン」以来、2度目のプロツアー出場となる。「本戦ではトッププロからグリーン周りのアプローチ技術を学びたいと思います。また今日調子が悪かったティショット、パッティングを調整し、トップ 10、ベストアマチュアを目指して頑張りたいと思います」と意気込んだ。

また、大会最終日にトーナメントコースを体験できる小学5年生〜中学3年生までのBカテゴリも同日に行われ、参加者27名のうち、中学生、小学生それぞれ上位6名がトーナメントコース体験ラウンドの権利を掴んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)