「ゴルフ界のカトパン」がホステス優勝に意気込み【カストロールレディース】

「ゴルフ界のカトパン」がホステス優勝に意気込み【カストロールレディース】

意気込みを語った加賀其真美(撮影:山代厚男)

<カストロールレディース 事前情報◇24日◇ザ・カントリークラブジャパン(6,608ヤード・パー72)>

 7月26日(水)から2日間の日程で開催されるステップ・アップ・ツアー「カストロールレディース」。今年は開催地がザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉県・木更津市)に変更。総距離が伸びたことでよりタフなコースのなか、8代目の優勝を争うことになるが、24日(月)に木更津市内でプロアマトーナメント前夜祭が開催され、カストロール契約プロが集結し、会場を盛り上げた。


 カストロールは16名もの女子プロゴルファーをスポンサードするが、今回の前夜祭に参加し、壇上に上がったのは、大竹エイカ、加賀其真美、倉田珠里亜、土肥功留美、野澤真央、馬場ゆかり、馬場由美子、八上ひかる、吉田弓美子の9名。

 カストロールの小石社長から"ゴルフ界のカトパン"と紹介された加賀其は、昨年大会では優勝争いに絡む活躍。1打差でホステス優勝の逃しただけに、「去年は優勝まではもう一歩でした。今年こそは"この大会"で優勝できるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 土肥は、昨年出産を経験し、今季からツアー復帰したなかで、ステップ開幕戦「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」で優勝争い。この頑張りには小石社長も「8月に出産して準備がままならないかなで、QTもセカンド、サードを突破してファイナルまで進んで、ステップフル参戦。若手プロにも見習って欲しいと思います」と賞賛の声をかけた。

 吉田はレギュラーツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」に出場するが、パーティのために来場。「残り18試合でまた恩返しができるように。(カストロールのロゴが)写るように頑張りたい」と吉田節で笑いを誘った。

 パーティの最後は、2014年にホステス優勝を果たした"孝行娘"大竹エイカが恒例のライブパフォーマンスで美声を披露。「この日のためにレパートリーを揃えてきました」とホイットニー・ヒューストンの"I have Nothing"など3曲でパーティを盛り上げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>