3年ぶりに出場の土肥功留美 やっぱり“母は強し”?

3年ぶりに出場の土肥功留美 やっぱり“母は強し”?

ママさんVを虎視眈々と狙う土肥功留美(提供:大会事務局)

<カストロールレディース 事前情報◇25日◇ザ・カントリークラブジャパン(6,608ヤード・パー72)>

26日(水)より2日間の日程で、ステップ・アップ・ツアー第14戦「カストロールレディース」が千葉県にあるザ・カントリークラブジャパンにて開幕する。本日25日(火)に行われたプロアマ戦に、2014年大会の覇者・土肥功留美が出場した。


土肥は昨年、産休のために今大会を欠場。2015年はレギュラーツアーを主戦場としていたため、今大会へは3年ぶりの出場となる。復帰戦となった今季のステップ開幕戦「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」でいきなりプレーオフに進出。福山恵梨に敗れて2位に終わったものの、初戦から大きな存在感を発揮した。

「自分に期待しないのが逆に良い結果を生んでいると思います。余裕を持ってプレーできていますね。あとは昔は短気だったのですが(笑)、今はあまりイライラしなくなりました。18ホールフラットな気持ちで回れているのが良いと思います(土肥)」

開幕から成績が出たことで自分への期待も出てきてるのでは、と聞いてみると、「それでも自分に期待しないようにしています。敢えて、と言いますか」。プロ11年目のベテランらしく、メンタルコントロールも巧みにこなす。

「風などの影響もありますが、優勝スコアは5、6アンダーくらいではないでしょうか。初日が大事になりますが、私はまずはアンダーパーでいければと思っています」。出産を経て、また一回り大きくなった“ママさんゴルファー”。明日も自分に過度な期待を持たず、ひょうひょうと優勝を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>