ジャンボ尾崎、ゴルファー専用腕時計に「久しぶりに心が躍ったよ」

ジャンボ尾崎、ゴルファー専用腕時計に「久しぶりに心が躍ったよ」

ランウェイで腕時計をアピールするジャンボ、渋い!(撮影:鈴木健夫)

26日(水)に行われた「株式会社ミスズによる新規取り扱いブランド『ハイゼック』のローンチ及び『ヤーマン&ストゥービー』のプレジデント就任発表会」に“ジャンボ”こと尾崎将司、片山晋呉、堀川未来夢、長谷川祥平らが登壇。ランウェイにジャンボたちが登場すると、場内からは大きな歓声が上がった。


「腕時計をするのは30年ぶり」というジャンボは「この時計を見た瞬間、俺にピッタリだと思った。久しぶりに心がウキウキしたよ」と、ゴルファー専用の高機能腕時計ブランド『ヤーマン&ストゥービー』がいたくお気に入りの様子。さらに、搭載されているカウント機能について「最近、(スコアが)分からなくなることがあるから、これがあったら大丈夫!」と笑いを誘うなど場内を大いに盛り上げた。

また、同社社長の半田晴久氏が「ジャンボさんは話もおもしろいし、普通の人が気づかない視点を持っているので、ぜひ解説者をやっていただきたい」と熱烈オファー。しかし、ジャンボは「解説なんてやったことないよ(笑)」と最初は一蹴するも、半田氏のあまりの熱心さに最後は「考えておくよ」と苦笑い。もしかしたら半田氏が会長を務めるISPSが主催する「ISPSハンダマッチプレー選手権」ではジャンボ節の解説が聞ける日がくるかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)