赤ヘッドも好感触!ウナギパワー充填のアン・シネ「あすはオールブラックでチャージ」

赤ヘッドも好感触!ウナギパワー充填のアン・シネ「あすはオールブラックでチャージ」

赤ヘッドも効果あり!アン・シネ、2アンダーと上々の立ち上がり(撮影:村上航)

<大東建託・いい部屋ネットレディス 初日◇27日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,587ヤード・パー72)>

2週間ぶりに日本ツアーに復帰したアン・シネ(韓国)。「初日にしてはまぁまぁ」と2アンダーに終わったプレーを振り返りつつ、「明日はオールブラックの衣装でチャージする」と宣言した。


昨日の予告どおり、ミント色の半袖シャツに白の短パン姿で登場したシネ。「グリーンのコンディションが東南アジアっぽくて、ラインを見間違えやすい」と、パットに苦しめられながらも前半を1バーディ・1ボギーのイーブンで折り返す。後半に入ると、「入ってからパットの感覚が良くなった」と語った通り、10番のバーディのほか、13番、18番でバーディを奪うなど、結局4バーディ・2ボギーの“70”、2アンダーの22位タイでフィニッシュ。「天気もよくて、気分よくプレーできた」と晴れやかな笑顔を見せた。

昨日から使い始めて、さっそく実戦投入した赤ヘッドドライバーについても、「白より(ヘッドが)小さく見える。ソフトな打感でフィーリングが良かった」と好感触。昨日のプロアマ戦後には連日の暑さからか、疲れた表情も見られたが「スタッフに買ってきてもらった」(シネ)というウナギを宿舎の部屋で食べたところ、「パワーが出ていいプレーができた」とニッコリ。イ・ボミやイ・ミニョン(ともに韓国)らの好物でも知られる“勝負メシ”で、4日間の長丁場を戦い抜きたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>