石川遼の正直な気持ち 今の自分は「すごい小さく感じる」

石川遼の正直な気持ち 今の自分は「すごい小さく感じる」

深い悩みの中にいる石川、6戦連続の予選落ちと出口がみえない(撮影:GettyImages)

<RBCカナディアン・オープン 2日目◇28日◇グレン・アビーGC(7,253ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「RBCカナディアン・オープン」は予選ラウンドが終了。石川遼は伸ばしあいの展開についていけず、この日はイーブンパー“72”でフィニッシュ。初日の出遅れを挽回できずトータル1アンダー109位タイで6戦連続の予選落ちを喫した。


この日の内容ついて、「パッティング悪いとか打ち方が悪いとか、まあそういう以前の問題。自分のなかで自信がないし、そういう時期だと思う」と口にした石川。「客観的にみて技術の部分では良くなっている部分がたくさんある。それでつながってないのは他にも理由があるのかなと思う」、結果が出ないことの焦りがプレー面に悪い影響を与えているのかもしれない。

「自分を支えてきたのは、自分もやってて楽しい他人も見ていて楽しい見せるゴルフ。ワクワクするようなゴルフ。結果とか数字よりそれしか自分は求めてなかった。徐々が変わってきてしまったのかな。こちらにきてから。数字、結果や目に見えるものに目指していた自分もいるし」、米国での厳しい戦いの中で徐々に心をすり減らしてしまっていた。

日本に帰り、驚いたことがある。コースで練習をしていると「自分は成績全然でてないので忘れられてて気づかれなくてってぐらいに思ってたけど、すんごい気づかれて逆にすごいびっくりした(笑)そんぐらい自信ないんでしょうね。自分がすごい小さく感じる」。

プレーに対しての手ごたえはある、しかし、結果には結びつかない――。また、米国で成績を残せなくとも、日本では大きな注目を集める存在。こうした悪い状態の時も注目を集めてしまうのも、若くして結果を出したものの宿命か。次の試合は2週間後の「ウィンダム選手権」。一度日本に帰り心身ともに休め、2部ツアー入れ替え戦前最後の戦いに臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>