日本復帰のキム・ハヌルがMVPレース独走 2年ぶりVの成田美寿々は7位に

日本復帰のキム・ハヌルがMVPレース独走 2年ぶりVの成田美寿々は7位に

MVPレースを独走するキム・ハヌル(撮影:上山敬太)

<メルセデスランキング>

国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードを付与される。


国内女子ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」終了時の最新ランキングが発表され、「ニッポンハムレディス」以来、3週間ぶりの日本ツアー出場で7位タイに入ったキム・ハヌル(韓国)が25ptを加算し、2位に67.5ptの差をつけてトップを快走している。

2位に浮上したのは、同大会で予選突破時は43位ながら“65”、“64”という猛チャージで2位に入ったテレサ・ルー(台湾)が浮上。その影響でイ・ミニョン(韓国)は3位に後退、「全英リコー女子オープン」に出場するため欠場した鈴木愛は5位に後退している。また、2年ぶりの優勝を決めた成田美寿々は7位に浮上した。

【メルセデスランキング】
1位:キム・ハヌル(340.5pt)
2位:テレサ・ルー(273.0pt)
3位:イ・ミニョン(267.0pt)
4位:上田桃子(261.5pt)
5位:鈴木愛(245.5pt)
6位:川岸史果(241.5pt)
7位:成田美寿々(231.5pt)
8位:アン・ソンジュ(219.5pt)
9位:全美貞(219.0pt)
10位:ペ・ヒギョン(211.5pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>