【WITB】新ボールでキャリーを伸ばした宮本勝昌

【WITB】新ボールでキャリーを伸ばした宮本勝昌

宮本勝昌、逆転Vの要因には新ボールの存在があった(撮影:鈴木祥)

最終組の一つ前でスタートした宮本勝昌が、コースレコードタイとなる“63”で回り、首位との1打差を逆転。通算22アンダーでバーディ合戦を制し、3年ぶりのツアー11勝目を飾った。


大好きな競馬に例え、「良馬場よりも重馬場のほうが好きだからでしょう」と、軟らかいフェアウェイやグリーンのほうが好きだとアピールしたが、この状況下で積極的なプレーができた要因に使用球の存在も挙げている。

ボールはブリヂストンがこの秋に新しく発売する『TOUR B X』で、宮本お決まりのオレンジ色が間に合わず、今回は白を使用。感触は「今までのものよりキャリーが伸びている」とのこと。天候が悪くてフェアウェイが軟らかく、ランがあまり出なかっただけに新ボールでキャリーを稼げたこと大きいという。

「セガサミーから投入した新しいボールは、初速がアップしてドライバーの飛距離も6〜7 ヤード伸びました。コントロール性能も高いので、最終日の難しいピンポジションも自信を持って攻めることができ、バーディ量産につながったと思います。特に最終ホールのセカンドショットは最高の1打でした」(宮本)

気になるこの新ボール、前作『TOUR B330X』と何が違うのか? テストしたギアに精通する筒康博氏に話を聞くと「前作より表面が柔らかく、ミッド層がしっかりして初速が増していると感じます。ロングショットで特に芯のある打感でキャリーが伸びて、アプローチなどは相変わらずフェースに乗ってコントロール性が高いですね」とのこと。

【宮本勝昌のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:ブリヂストン TOUR B XD-3
(9.5°、ツアーAD MJ-7X PROTO、44.5インチ、D4)
3W:キャロウェイ XR16PRO(14°)
2U:ホンマ TW-U(18°)
3I〜PW:ブリヂストン TOUR B X-CB
A,SW:ブリヂストン TOUR B XW-1(52、58°)
PT:スコッティキャメロン GoLo N5
BALL:ブリヂストン TOUR B X

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)