宮里藍はグリーン上で苦しみ73位発進 明日は「入ってくれたら、流れは変わる」

宮里藍はグリーン上で苦しみ73位発進 明日は「入ってくれたら、流れは変わる」

宮里、最後の全英は73位発進 明日は巻き返せるか(撮影:村上航)

<全英リコー女子オープン 初日◇3日◇キングスバーンズ・ゴルフリンクス(6,697ヤード・パー72)>

海外女子メジャー「全英リコー女子オープン」の初日。宮里藍は2バーディ・2ボギーの“72”でラウンド。イーブンパー73位タイとやや出遅れてしまった。


午前は晴れて風も穏やかでスコアの伸びるコンディション。ミシェル・ウィー(米国)が8アンダーをマークするなどビッグスコアが出た。宮里も午前組でのプレーだったが、「めちゃくちゃ重かったですね。見た目がそんなに重く見えない分、ギャップがあるので。その辺を埋めるのに思った以上に時間がかかりました」とグリーンのタッチを合わせるのに苦しみスコアを伸ばすことができなかった。

ショットはミスが出ても「許容範囲」と悪くなかっただけに、「今日の天気だともうちょっと伸ばしたかった」と話した宮里。「もうちょっと明日パットが入ってくれたら、流れは変わると思います」、上位進出のカギはグリーン上のプレーになりそうだ。

父でコーチの優氏がプロアマの日に倒れ、現在は検査入院中。コース外に心配事はあるが、「やるべきことは1つなので。自分ができることを1つ1つやっていくしかない」と試合にフォーカスすることができている。「天気に左右されないように自分自身のゲームをしっかりと立てたい」。タフなリンクスでの戦い、明日はしっかり自分と向き合いながらまずは予選通過を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>