西山ゆかり 欧州のツアーキャディの的確なアドバイスで2アンダー

西山ゆかり 欧州のツアーキャディの的確なアドバイスで2アンダー

西山、初日は2アンダーでラウンドし33位につけた(撮影:村上航)

<全英リコー女子オープン 初日◇3日◇キングスバーンズ・ゴルフリンクス(6,697ヤード・パー72)>

海外女子メジャー「全英リコー女子オープン」の初日。2年連続2度目の出場となる西山ゆかりは2アンダーでフィニッシュ。33位タイとまずまずのスタートを切った。


この試合には宮里藍のキャディ、ミックから紹介されたツアーキャディの「マークさん、ここから2時間くらいのところに住んでいる」とコンビを組んだ。「すごく良い人、アドバイスも的確で笑いもあった。日本食も大好き、彼がおにぎりを食べて私がサンドイッチ、という日本食も大好きな人」。リンクスでの風の読み、ターゲットの取り方も的確でこの日は「キャディーさんの力は大きい」と助けられたという。

「去年の経験も知らず知らずのうちに身についている。でも、試合ではいつも緊張感はある。こういう中でできる幸せを感じる」。昨年は70位発進、自身の進化も感じることができ、2度目の大舞台は楽しんで戦うことができているようだ。「日に日にショットが良くなっている。体も切れている」、明日も頼りになるマークさんとさらに上の順位を狙いにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>