藤田光里、地元での大会前に復調の手ごたえ!「自信を持って振ればいける」

藤田光里、地元での大会前に復調の手ごたえ!「自信を持って振ればいける」

藤田、調子を上げて地元大会へ!(撮影:米山聡明)

<北海道meijiカップ 事前情報◇3日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,476ヤード・パー72)>

今年から北海道の冠が付き「北海道meijiカップ」となった今大会。その北海道の出身である藤田光里が地元での戦いに挑む。


現在賞金ランク82位と苦しんでいる藤田。特に2か月ぐらい前から「バックスイングの上げ方が分からなくなって」と不振を極めたが、少しずつ復調傾向にあるという。

「成績にはつながりませんでしたが、先週の内容は良かったと思います。ショットの感覚が戻ってきたというか。自信を持って振ればいける、というところまできました」。後は痛めていたヒジをかばわず、怖がらず打てるか。その状態まで持ってこれた。

地元北海道での試合の前にある程度復調できたのは、喜ばしいだろう。「この試合の前に感覚が戻ってきたことを前向きに捉えて頑張りたい」。2014年にQT1位の資格でフル参戦して以降、守り続けている賞金シード。今年も死守するために、生まれ故郷から反撃の狼煙を上げる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>