松山英樹 前半4連続バーディ奪取も後半に落し15位発進

松山英樹 前半4連続バーディ奪取も後半に落し15位発進

松山、後半はショットが少し乱れたが首位と4打差とまずまずの位置をキープ(撮影:岩本芳弘)

<WGC-ブリヂストン招待 初日◇3日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>

世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」の初日。松山英樹は前半に4連続バーディを奪取するなど一時は首位に立ったが、後半にスコアを落し1アンダー15位タイ発進となった。


松山はインコースからスタート。10番で約7メートルを入れて幸先よくバーディを奪うが、11番でボギー。13番でチップインバーディを奪ったのを皮切りに4連続バーディを奪取したが、18番でボギーとし3アンダーで折り返した。

後半は1番でボギーが先行すると一進一退の展開に。終盤の7番と9番でスコアを落し、後半で“37”と2つスコアを落しホールアウト。7バーディ・6ボギーの“69”と出入りの激しいゴルフとなった。

首位のトーマス・ピータース(ベルギー)とは4打差。2日目からはボギーを減らし追撃体勢を整えられるか。残りは3日間、松山の力なら追いつくのは難しくはないだろう。

なお、この試合には谷原秀人と小平智も出場。谷原は4オーバー62位タイ、小平が3オーバーで53位タイと出遅れてしまった。

【初日の結果】
1位:トーマス・ピーターズ(-5)
2位:ラッセル・ノックス(-4)
3位T:ジョーダン・スピース(-3)
3位T:ケビン・キスナー(-3)
3位T:ロス・フィッシャー(-3)
3位T:バッバ・ワトソン(-3)
3位T:ローリー・マキロイ(-3)
3位T:ジョン・ラーム(-3)
9位T:ダスティン・ジョンソン(-2)他

15位T:松山英樹(-1)他
53位T:小平智(+3)他
62位T:谷原秀人(+4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>