ルーキーの小祝さくらを称賛した大山志保が4位タイの好発進!

ルーキーの小祝さくらを称賛した大山志保が4位タイの好発進!

ホステス大会で上位発進を決めた大山志保(撮影:佐々木啓)

<北海道meijiカップ 初日◇4日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,476ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「北海道meijiカップ」の初日。2007年のこの大会の覇者・大山志保が、5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。3アンダーの4位タイと好位置につけた。


「風が吹いていたから楽しくて。ワクワクしながらできました」と話した大山。この日のプレーは、“風好き”の本領発揮となった。3番でボギーが先行したものの、6番で4mを入れてイーブンに。折り返してからは11番で2m、12番で2m、15番で1.5m、18番で1mと、好調のショットで作ったチャンスをしっかりと沈めて、リーダーボードを駆け上がった。

今年のプロテストでトップ合格を果たした松田鈴英をはじめ、小祝さくら、田村亜矢、金澤志奈、吉本ひかるがプロデビューを果たした今大会。「同じ組の(吉田)弓美子ちゃんと『私たちよくルーキーと同じ組になるね』って」と話したという大山は、今回、小祝と同じ組になった。

「ルーキーと一緒だから、『いつも以上に良いマナーでルールに則りしっかりやろう』と2人で話しました」と言う大山。実績ある先輩2人とのプロデビュー戦となった小祝も、「お2人とも話しかけてくれたり和ませてくれて。とても回りやすかったです」と感謝の言葉を述べた。

そんな小祝のプレーについて、「(トップ合格ではない小祝が)スタートアナウンスで“トップ合格の〜”って言われてたんですけど、あまり気にしてない感じで。常に淡々とプレーしていました」と賞賛した大山は、ゴルフの技術も目を見張るものがあると続ける。「パターも良いストロークをしてたし、ショットでは高いボールを打っていて。私には打てないなぁと。羨ましいなと思いました」。

ルーキーからも刺激を受ける大山の今年の目標は、「メジャーを勝ちたい。リコー(カップ)に出て優勝したいですね。あとは(日本女子プロゴルフ)選手権です。50周年と節目の年ですが、私も40歳で節目の年。去年2位だったし、今年は頑張りたいですね」。そのリコーカップに出るにはツアー大会での優勝、もしくは賞金ランク25位以内が条件となる。百戦錬磨の大山が、好発進を決めたこの大会での優勝&出場権獲得を狙っているのは間違いない。


<ゴルフ情報ALBA.Net>