<速報>松山英樹 2日目はパー発進、首位はラッセル・ノックス

<速報>松山英樹 2日目はパー発進、首位はラッセル・ノックス

松山、2日目のスタートホールはパー(写真は初日)(撮影:岩本芳弘)

<WGC-ブリヂストン招待 2日目◇4日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>

世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」の2日目。悪天候によりスタート時間が45分遅れ、松山英樹は現地時間の10時5分に1番ティよりスタートした。


初日は15位タイにつけた松山。スタートホールの1番パー。現在の首位はトータル7アンダーでプレー中のラッセル・ノックス(スコットランド)。少しでも差をつめてムービングデーに臨めるか、注目だ。

小平智は6ホールを消化、スコアを1つ落しトータル4オーバーでプレー中。谷原秀人は10番ティからスタート、同じく4オーバーでプレーしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>