小平智、“67”をマークし70→18位に急浮上!「神様からのご褒美」

小平智、“67”をマークし70→18位に急浮上!「神様からのご褒美」

小平、ムービングデーにチャージをかけ、この日のベストタイ“67”をマーク(撮影:岩本芳弘)

<全米プロゴルフ選手権 3日目◇12日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>

トータル5オーバー70位タイでギリギリ予選を突破した小平智。「朝まで祈る気持ちで」いたが、無事に4日間プレーできることに。そして迎えたこの日は7バーディ・3ボギーの“67”をマーク。厳しいピンポジションを攻め抜き、4つスコアを伸ばしトータル1オーバーでフィニッシュ。52ランクアップの18位タイまで順位を上げた。


会心のプレーに「12日がうちの母親の誕生日で、その誕生日がいい具合に重なって。ま、神様からのご褒美だったんじゃないかって」と笑った小平。「予選通ったらガンガン攻めようという気持ちでやったのが良かった」とムービングデーにチャージをかけられたことを喜んだ。

「やるからにはまた60台出して。60台出せればアンダーパーなので、ちょうどやりがいのある位置にいるんじゃないかなと」、スコアをアンダーまで持っていくのが明日の第一目標。「アイアンショットが良くなってきてるので、そうやってピンも狙えてくるし自信はついてきますね」プレーに手ごたえもあり、明日はさらに上の順位を狙いにいく。

今週はマネージャーの三上諒氏がキャディに。「死にそうになってたんで。“カカトが取れそう”とか言って(笑)自分で何やってるか分かんないって」、キャディとしては少々頼りないが、小平を大いに和ましてくれたという。明日もこのコンビでチャージをかけられるか、注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>