菅沼菜々が独走態勢 石川遼の弟・航は28位で最終日へ【日本ジュニアゴルフ選手権】

菅沼菜々が独走態勢 石川遼の弟・航は28位で最終日へ【日本ジュニアゴルフ選手権】

28位で最終日に進んだ石川航(写真は昨年のKBCオーガスタ)(撮影:上山敬太)

<2017年度日本ジュニアゴルフ選手権 2日目◇17日◇埼玉県・霞ヶ関カンツリー倶楽部>

2020年東京五輪の舞台である霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催されている「日本ジュニアゴルフ選手権」は第2ラウンドの競技が終了した。


女子15〜17歳の部では、初日に続き“70”とスコアを3つ伸ばした菅沼菜々(埼玉・埼玉栄高校3年)がトータル6アンダーで単独首位をキープ。4打差2位には昨年の「日本女子オープン」で10位に入った長野未祈(千葉・麗澤高校2年)、5打差3位タイには今年の「日本女子アマ」2位の佐渡山理莉(沖縄・沖縄県立名護高校2年)、政田夢乃(北海道・北海学園札幌高校2年)が続いた。

男子15〜17歳の部は平本世中(神奈川・厚木北高校3年)がトータル3アンダーまで伸ばし、女子の部と同様に単独首位の座を守り切った。1打差2位に杉浦悠太(福井・福井工業大学附属福井高校1年)、3打差3位タイに安達大空(三重・学校法人津田学園高校3年)、鈴木晃祐(千葉・西武台千葉高校2年)、米澤蓮(岩手・盛岡中央高校3年)がつけている。また、石川遼の弟・航(埼玉・浦和高校3年)はスコアを4つ落とすも、トータル6オーバー28位タイで決勝ラウンドに進出している。

女子12〜14歳の部では、昨年の「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」11歳〜12歳の部を制した梶谷翼(岡山・山陽女子中学校2年)がトータル1オーバー単独首位に浮上。男子12〜14歳の部では、昨年の同部門2位の竹内優騎(愛知・北名古屋市立天神中学校3年)がトータル3アンダーで首位をキープしている。

【女子15〜17歳の部】
1位:菅沼菜々(埼玉・埼玉栄高校3年) -6
2位:長野未祈(千葉・麗澤高校2年) -2
3位T:政田夢乃(北海道・北海学園札幌高校2年) -1
3位T:佐渡山理莉(沖縄・名護高校2年) -1
【女子12〜14歳の部】
1位:梶谷翼(岡山・山陽女子中学校2年) 1
2位T:岡田樹花(兵庫・神河中学校3年) 2
2位T:堤姫乃(福岡・沖学園中学校3年) 2
4位:横山栞子(愛知・春日井市立東部中学校2年) 3

【男子15〜17歳の部】
1位:平本世中(神奈川・厚木北高校3年) -3
2位:杉浦悠太(福井・福井工業大学附属福井高等学校1年) -2
3位T:鈴木晃祐(千葉・西武台千葉高校2年) E
3位T:安達大空(三重・学校法人津田学園高校3年) E
3位T:米澤蓮(岩手・盛岡中央高校3年) E
【男子12〜14歳の部】
1位:竹内優騎(愛知・天神中学校3年) -3
2位:久常涼(岡山・津山東中学校3年) -1
3位T:小林大河(東京・東金町中学校2年) +1
3位T:宝泉研輝(宮城・高森中学校3年) +1
3位T:田中裕基(奈良・郡山南中学校) +1

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)