「ティショットが打ちやすい」香妻琴乃が勝手知ったるコースで2打差発進

「ティショットが打ちやすい」香妻琴乃が勝手知ったるコースで2打差発進

地の利を活かした香妻琴乃、2打差の好スタート!(撮影:鈴木祥)

<CAT Ladies 初日◇18日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード・パー73)>

神奈川県にある大箱根カントリークラブで開幕した「CAT Ladies」。その初日、香妻琴乃が5バーディ・2ボギーの“70”でラウンド。3アンダー9位タイで首位と2打差の好発進を見せた。


「今日はショットが良かった。ドライバーもアイアンも。ほとんどグリーンを外さなかった。調子の悪かったパターもマシになってきたのでスコアが出たと思う」と香妻。それでも「今日のボギー2つは3パット。特に1つは短いチャンスから3パットしてボギーにしてしまった。もったいなかったです」と反省も忘れなかった。

ここ大箱根カントリークラブは合宿などで使用するいわば“勝手知ったるコース”。「知っている分、ティショットが打ちやすいですね」と恩恵を受ける。「いいイメージを持っています」と言う通り、昨年大会での8位タイという好成績が自信につながっている。

さらに、コースの難しさを知っていることも大きなアドバンテージだ。「ここはグリーンの芝目が強く出るので、パットの読みが大事になってくると思う。しっかりと読み切りたい」と明日以降に気を引き締めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>