野村敏京の弟・京平がファーストQT通過 元・日本代表の鈴木啓太氏は最下位に終わる

野村敏京の弟・京平がファーストQT通過 元・日本代表の鈴木啓太氏は最下位に終わる

鈴木啓太氏は最下位 セカンドQT進出はならなかった(写真は現役時)(撮影:GettyImages)

千葉県の房総カントリークラブ 房総ゴルフ場 東コースにて行われた「ファースト・クォリファイングトーナメント(以下QT)」の最終日。元・サッカー日本代表の鈴木啓太氏は“106”と振るわず、トータル82オーバー最下位でファーストQT突破はならなかった。


トップ通過はトータル7アンダーのロイド・ジェファーソン・ゴウ(フィリピン)。3打差2位に勝俣陵、6打差3位タイに山田大晟、中島旺が入るなど、アマチュア選手がトップ5を独占した。女子プロゴルファーの野村敏京の実弟・京平はトータル2オーバー9位でファーストQTを突破している。

同地区からは上位24選手がセカンドQTに進出。8月29日から10月6日までの期間中、10か所で順次セカンドQTが開催され、各地区の上位選手がサードQTに進出する。

【最終結果】※順位がタイの場合はカウントバック
1位:ロイド・ジェファーソン・ゴウ(-7)
2位:勝俣陵(-4)
3位:山田大晟(-1)
4位:中島旺(-1)
5位:小泉正樹(+1)
6位:永浦吏杜睦 (+1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)