アーマーとシンプソンが首位に並び決勝Rへ 石川遼は4ヶ月ぶりに予選を突破

アーマーとシンプソンが首位に並び決勝Rへ 石川遼は4ヶ月ぶりに予選を突破

石川遼 4カ月ぶりに予選突破

アーマーとシンプソンが首位に並び決勝Rへ 石川遼は4ヶ月ぶりに予選を突破

“61”をマークしたアーマー、一躍首位に(撮影:GettyImages)

<ウィンダム選手権 2日目◇18日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)>

米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」は2日目の競技が終了。この日9つスコアを伸ばしたライアン・アーマー(米国)と6つ伸ばしたウェブ・シンプソン(米国)がトータル13アンダーでフィニッシュ。首位に並び大会を折り返した。


1打差の3位に昨年の全英覇者ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)、2打差の4位タイにオリー・シュナイダージャン(米国)とボーン・テーラー(米国)が入った。

石川遼はこの日ノーバーディ・1ボギーの“71”でフィニッシュ。スコアを1つ落としたがトータル3アンダー66位でギリギリ予選を通過。約4ヶ月ぶりに決勝ラウンドに進出した。来季の出場権とプレーオフ進出には2位以上に入ることが条件。状況は厳しいが、なんとかチャンスは残した。

岩田寛はこの日4つスコアを落しトータル4オーバーでフィニッシュ。139位タイで予選落ちとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>