最近好きになった日本の食べ物は?【スイートハートのAtoZ】

最近好きになった日本の食べ物は?【スイートハートのAtoZ】

最近、日本に来てから好きになったものがあります!こんなに甘くて美味しいなんて…

国内女子ツアーで人気急上昇中のツアールーキー、セキ・ユウティン(中国)にスポットを当てる「スイートハートのAtoZ」。今回は「食」について話してもらった。


一番好きな食べ物は「鍋」だというユウティン。「火鍋(フゥオグゥオ)を、家族みんなで食べるのが好きなんです。火鍋=辛みの強い鍋料理、と思われがちですが、中国の火鍋は日本のしゃぶしゃぶと同じ感覚。ですので、日本で食べるしゃぶしゃぶ料理も大好きですよ」と教えてくれた。

また、日本に来てから好きになったものもあるという。「最近好きになった食べものがあります。それはイカです(笑)。おすしは好きなのですが、いままでイカの握りを食べる機会がなかった。ですが『ニッポンハムレディス』で初めて北海道・函館に訪れた際、新鮮なイカ刺しを頂いてみると、甘みがありすごくおいしかった。まだお皿の上で動いていて少しかわいそうでしたが。日本ツアー転戦のおかげで好きな食べ物が1つ増えました」。

転戦の合間に各地で「食」も楽しんでいるユウティンだが、アスリートとして考えれば気をつけていることも多い。「ゴルフを毎週毎週続けていくためにも、体力をつけるのは重要なことですから、普段から食事の量は多いです。ただ、揚げ物と甘いものは極力避けます。嫌いではないですが太りやすいものですから、我慢していると言ったほうが正しいでしょうか(笑)。脂肪に変わりやすいものは避け、プロゴルファーとして筋力につながってくれる食事を考える。かわいい服をしっかりと着こなすことも、ウエア契約を結んでいる選手の務めですからね」。

■セキ・ユウティンプロフィール
セキ・ユウティン(石・日の下に立、女へんに亭)/1998年3月5日生まれ、福井県出身。中国人の両親から福井県で生まれ、5歳まで日本で育つ。その後、中国へと渡り妹と共にアマチュア時代から美人ゴルフ姉妹として活躍。16歳の時に出場したアジア太平洋のアマチュアゴルフ団体戦「クイーンシリキットカップ」では、当時の日本代表・勝みなみ、森田遥らを退けて個人優勝を果たし、中国を団体2位に導いた。2016年の中国女子ツアーでは3月に初勝利を挙げるなど賞金ランク1位。中国期待の新星はさらなるレベルアップを目指して日本ツアーの門をたたいた。端正な顔立ちに加え、笑顔が多く女性らしいかわいらしい声から“スイートハート”の愛称で親しまれている。171cm・63kg。

<ゴルフ情報ALBA.Net>