選手が選んだ曲で登場!HKTライブやグルメ食べ放題など今年のオーガスタは一味違う

選手が選んだ曲で登場!HKTライブやグルメ食べ放題など今年のオーガスタは一味違う

この日はプロアマ戦の表彰式にHKT48が登場!土曜日のラウンド後にはスペシャルライブが開催予定となっている(提供:KBC)

<RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 事前情報◇23日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部で開催される国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」。今回はゴルフのトーナメントだけではなく、それ以外の部分でもギャラリーに楽しんでもらおうと、HKT48のスペシャルステージやお祭りグルメ食べ放題など様々な取り組みが行われることになっている。その中でも特に注目を集めるのが、スタートホールでの選手紹介セレモニー。選手自身が選んだ曲で登場するというツアー初となる試みなのだが、一体選手たちはどんな曲を選んだのか…。本人に聞いてみた。


どんな試合でもモチベーション高く取り組んでいるという小平智が選んだのは、オランダ人DJアフロジャックの『サマーシング』。「暑い夏の大会を盛り上げていきたい」という理由で選んだとのこと。また、「ゆったりした曲なんですけどね」という片岡大育が選んだのは、沖縄出身の人気グループHYの『いちばん近くに』。「いろいろ考えたけど、(自分が)好きな曲にしました」というシンプルな選曲理由は、他の選手からも多く聞かれた。

「高校の先輩の曲なので」と理由を話してくれたのは藤田寛之。選んだ曲は、地元福岡が生んだシンガーソングライター財津和夫の「サボテンの花」。2012年に賞金王になった時のパーティで、サプライズゲストとして歌ってもらって以来、親交が続いているという。

また、映画やドラマのテーマ曲を選ぶ選手も。松村道央が選んだのは、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のテーマ曲。そして、今週国内ツアーに復帰する池田勇太は、今大会を中継するテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマのテーマ曲。どの曲を流すかは会場でのお楽しみということだ。

一方で、選手たちからは「選曲が難しい」という声も。武藤俊憲は、「スタートからダブルボギーを打った気になるから“外したく”ないよね」と苦笑い。朝からまばらな拍手を受けるくらいなら…。無難な選曲にしたくなる気持ちも分かる?

選手会長の宮里優作は「中には、何だこれって思うくらい面白いのもあった」と、意外な選手の意外な選曲もチラホラあったとのこと。会場に足を運んで、選手の知られざる一面を覗くのも面白いかも知れない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>