ローリー・マキロイ、10月の試合を最後に年内休養へ

ローリー・マキロイ、10月の試合を最後に年内休養へ

2017年最後の大一番に挑むマキロイ(写真は全米プロ最終日)(撮影:GettyImages)

<ザ・ノーザン・トラスト 事前情報◇23日◇グレンオークスC (7,346ヤード・パー70)>

現地時間24日(木)からスタートするフェデックスカップ・プレーオフシリーズ。その1戦目「ザ・ノーザン・トラスト」を前に、昨年のチャンピオンであるローリー・マキロイ(北アイルランド)が自身の今後の予定を口にした。


マキロイによるとプレーオフシーズンの終了後は10月5日(木)から行われる欧州ツアー「アルフレッドダンヒルリンクス選手権」に出場。その後は約3か月休養する予定という。「全米プロゴルフ選手権」最終日に背中のけいれんと左腕のしびれを訴え、長期離脱を示唆していたが、やはり体の状態は良くなかったようだ。

ディフェンディングチャンピオンとしてフェデックスカップ・プレーオフシーズンに臨むマキロイは、「もちろん、この先の数週間は楽しみだ」と全力を注ぐことを宣言。その後に迎える休養については、「素晴らしい機会を与えてもらった。二度とこんなチャンスはないと思う」とコメントした。


【プレーオフシリーズ】
初戦:ザ・ノーザン・トラスト(8月24日〜27日 グレンオークスC)ランキング上位125位
第2戦:デル・テクノロジーズ選手権(9月1日〜9月4日 TPCボストン)ランキング上位100位
第3戦:BMW選手権(9月14日〜17日 コンウェイ・ファームズGC)ランキング上位70位
最終戦:ツアー選手権(9月21日〜24日 イーストレイクGC)ランキング上位30位

<ゴルフ情報ALBA.Net>