徹底した自己管理、プロ意識が高い19歳・西畑萌香が首位で最終日へ

徹底した自己管理、プロ意識が高い19歳・西畑萌香が首位で最終日へ

西畑、単独首位で最終日へ(撮影:鈴木祥)

<山陰合同銀行 Duoカードレディース 2日目◇24日◇大山平原ゴルフクラブ(6,461ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアーの「山陰合同銀行 Duoカードレディース」の2日目。単独首位から出た西畑萌香は2バーディ・1ボギーの“71”でラウンド。トータル6バーディで2位に2打差をつけ首位の座を守った。


昨日に続き、気温が高く体力の消耗が激しいコンディションでも、安定したプレーができたのには理由がある。高校2年生時からトレーナーに師事してウェイトトレーニングやランニングを精力的にこなし、体力強化に取り組んでいるのだ。「高校時代から体力強化の必要性を感じて行っています。以前は重い物を持ち上げたりもしていましたが、今は重い物は使わずに体全体の力を発揮するトレーニングをしています」と理由を語る。

この日は朝起きて、体が重いことに気づき長い距離のランニングを行い、コンディション調整に励んだ、「今年から始めたのですが、毎日5km走ることを続けています」。試合当日は2、3kmの短めの距離を走ることでコンディションを調整しているが、体の重さに気づいたこの日は長めのランニングで体調管理を行ったという。

半年前から食事管理などにも取り組んでいる西畑。「基本的には自分で作るのですが、食事を管理するようになると、体が全然違うんですよね、食べる物で身体がだんだん重くなってくるのも分かるし、スイングも全く違います」とストイックに自らを追い込む姿はルーキーとは思えないプロの姿勢といえる。

プロデビュー戦で最終日を単独首位からスタートする19歳が、どんなプレーを見せてくれるのかに注目が集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)