「筋肉量は落ちているのに…」連戦続く“8頭身美女”ユン・チェヨンの乙女な悩み

「筋肉量は落ちているのに…」連戦続く“8頭身美女”ユン・チェヨンの乙女な悩み

チェヨン、6位タイと好発進(撮影:岩本芳弘)

<ニトリレディス 初日◇24日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>

今季より日本ツアーに参戦しているユン・チェヨン(韓国)。“奇跡の8頭身美女”と呼ばれるルックスだけでなく、すでに賞金シードをほぼ確定させるなどプレー面でも注目を集めている。


そのチェヨンがこの日開幕した「ニトリレディス」で3アンダー・6位タイと好発進を見せた。「予選落ちした先週よりもショットが良いですし、パターも良くなってきています」。会心のバーディは8番。2打目を3メートルに付けると、しっかりとチャンスをものにした。「1オーバーで来ていたので、何とか前半でイーブンに戻したかった。それを決められて良かったですね」。9番で5メートルを沈めてアンダーに潜る流れを作ったホールを評価した。

チェヨンは来週、ホステス大会で第5のメジャーと呼ばれる韓国ツアー「ハンファファイナンスクラシック」に出場。その翌週には日本のメジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」と大事な試合が続く。と、ここで問題が。

「ずっと連戦で、ちょっと筋肉量が落ちているような気がします」。先週からタフな戦いが続くため、トレーニングも中々できない影響がでているという。さらに悲劇なのは「それなのに体重は変わらないんですよ!(笑)」ということ。アスリート、そして年頃の女性としても悩みは深い。

唯一の救いは今週のコースが合っていることか。「ここは長いホールも短いホールもティショットをフェアウェイに置くことがとても大事です。私はフェアウェイキープがある程度得意なので合ってると言えるかもしれません。また、速いグリーンも好きなので、残り3日自信を持ってやりたいですね」。悩みを吹き飛ばすには、会心の勝利が一番の薬なのはいうまでもない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>