上原彩子が3打差の11位タイと好発進!連続バーディ締めは「明日につながる」

上原彩子が3打差の11位タイと好発進!連続バーディ締めは「明日につながる」

上原、昨年2度ホールインワンを達成した試合で好スタート(撮影:GettyImages)

<カナディアン・パシフィック女子オープン 初日◇24日◇オタワ・ハントG&CC(6,510ヤード・パー71)>

米国女子ツアー「カナディアン・パシフィック女子オープン」がカナダのオタワ・ハントG&CCを舞台に開幕。初日の競技を終え6バーディ・1ボギーの“66”をマークしたマリナ・アレックス(米国)が単独首位に立った。


1打差の2位タイにチョン・インジ(韓国)、ホリー・クライバーン(イングランド)、2打差の4位タイにはフォン・シャンシャン(中国)、キム・セヨン(韓国)ら7選手がつけた。

日本勢では上原彩子が3打差の11位タイと好発進。「今日はボギースタートだったが、途中からチャンスもだんだん作れてきて。最後17番と18番でバーディーが来たので、明日につながると思う」とこの日を振り返った上原。昨年大会では2回数のホールインワンを達成し試合を盛り上げたが、「頑張ります!あと3日間チャンスがあるので」と今年もエースを狙うと笑顔をみせた。

その他の日本勢は野村敏京が1アンダーで24位タイと好位置に。宮里美香は2オーバー80位タイ、横峯さくらは3オーバー107位タイと出遅れてしまった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)