申ジエが大会コース記録“65”で単独首位 アン・シネは3戦ぶりの予選通過

申ジエが大会コース記録“65”で単独首位 アン・シネは3戦ぶりの予選通過

大会記録更新の猛チャージで首位に立った申ジエ(撮影:佐々木啓)

<ニトリレディス 2日目◇25日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>

北海道の小樽カントリー倶楽部で開催されている国内女子ツアー「ニトリレディス」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、申ジエ(韓国)が7バーディ・ノーボギーの“65”をマーク。昨年大会で全美貞(韓国)が記録したトーナメントコースレコードを1打更新する猛チャージでトータル10アンダー単独首位に立った。

3打差2位に美貞、4打差3位に工藤遥加、5打差4位タイに松森彩夏、アン・ソンジュ、李知姫(ともに韓国)が続いている。

韓国のセクシー・クイーンことアン・シネは、トータルオーバー39位タイで3戦ぶりとなる決勝ラウンド進出。賞金ランク1位のキム・ハヌル(韓国)も同順位で週末に駒を進めている。

また、昨年覇者の笠りつ子は上がり3ホールでボギー・ボギー・ダボと立て続けにスコアを落とし、トータル6オーバー71位タイで予選落ち。ホステスプロの小祝さくらも3バーディ・7ボギーとスコアを崩し、プロ転向後2度目の予選落ちを喫している。

【2日目までの順位】
1位:申ジエ(-10)
2位:全美貞(-7)
3位T:工藤遥加(-6)
4位T:松森彩夏(-5)
4位T:アン・ソンジュ(-5)
4位T:李知姫(-5)
7位T:ささきしょうこ(-3)
7位T:金田久美子(-3)
9位T:ユン・チェヨン(-2)
9位T:渡邉彩香(-2)他