<速報>松山英樹、まさかの18番3パット 通算3オーバーでホールアウト

<速報>松山英樹、まさかの18番3パット 通算3オーバーでホールアウト

松山、終盤に痛いボギーを2つ叩いてしまった(撮影:GettyImages)

<ザ・ノーザン・トラスト 2日目◇25日◇グレンオークスC (7,346ヤード・パー70)>

米国男子ツアーのプレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザン・トラスト」の2日目。102位タイと出遅れた松山英樹は4バーディ・3ボギーの“69”でフィニッシュ。スコアを1つ伸ばし、トータル3オーバーでホールアウトした。


松山はスコアを1つ伸ばして折り返すと、10番から連続バーディを奪取する。そこまでは快調にプレーをしていたが、その後はチャンスが決めきれずフラストレーションがたまる展開に。終盤の16番ではボギーとすると、最終18番では3パットのボギー。現在のカットラインは2オーバーで、予選通過は後続のプレーにゆだねられた。

松山と同組で回ったジョーダン・スピース(米国)やリッキー・ファウラー(米国)がトータル6アンダーで首位に立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)