DJ、スピースらが首位に並び決勝Rへ 松山英樹は今シーズン2度目の予選落ち

DJ、スピースらが首位に並び決勝Rへ 松山英樹は今シーズン2度目の予選落ち

松山、終盤の2つのボギーが痛かった(撮影:GettyImages)

<ザ・ノーザン・トラスト 2日目◇25日◇グレンオークスC (7,346ヤード・パー70)>

米国男子ツアー「ザ・ノーザン・トラスト」の2日目。世界ランクNO.1のダスティン・ジョンソン(米国)、今季の全英覇者、ジョーダン・スピース(米国)、リッキー・ファウラー(米国)、ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)ら実力者たちがトータル6アンダーで首位タイに並んだ。プレーオフシリーズ初戦は混戦模様となっている。


1打差のトータル5アンダー5位にこの日6つスコアを伸ばすチャージをみせたマット・クーチャー(米国)、2打差のトータル4アンダー6位タイにはジョン・ラーム(スペイン)、バッバ・ワトソン(米国)、ジャスティン・ローズ(イングランド)らがつけた。

初日102位タイと出遅れた松山英樹はトータル3オーバーでホールアウト。一時は3つスコアを伸ばしたが、終盤の16、18番でボギーを叩き失速。71位タイでカットラインに1打届かず、2月の「ジェネシス・オープン」以来となる今季2度目の予選落ちを喫した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)