日本学生はともに1年生の清水大成、小西瑞穂がV

日本学生はともに1年生の清水大成、小西瑞穂がV

1年生ながら優勝を飾った清水大成(写真は昨年のKBCオーガスタ)(撮影:上山敬太)

大学生ナンバーワンを決める戦い「2017年度(第71回)日本学生ゴルフ選手権」(四日市カンツリー倶楽部・三重県)。25日(金)に最終ラウンドが行われ、女子の部では小西瑞穂(東北福祉大学1年)がトータル6アンダーをマークし、逆転で優勝を飾った。


3打差の2位に前日トップの鈴木千晴(法政大学1年)。5打差の3位タイには池田美菜(中部学院大学4年)ら3人が続いた。プロのトーナメント出場経験も多い河本結(日本体育大学1年)は、左股関節痛のため最終ラウンドを棄権した。

男子の部は前日首位タイに躍り出た清水大成(日本大学1年)が、混戦を抜け出しトータル17アンダーでV。3打差の2位に専修大学2年の櫛山勝弘、4打差の3位タイに木村太一(日本大学1年)と蛭田玲於(東北福祉大学4年)が並んだ。

【男子・最終結果】
1位:清水大成(日本大学1年)-17
2位:櫛山勝弘(専修大学2年)-14
3位T:木村太一(日本大学1年)-13
3位T:蛭田玲於(東北福祉大学4年)-13

【女子・最終結果】
1位:小西瑞穂( 東北福祉大学1年)-6
2位:鈴木千晴(法政大学1年)-3
3位T:池田美菜(中部学院大学4年)-1
3位T:青野紗也(明治大学1年)-1
3位T:丹野寧々(中央学院大学4年)-1

<ゴルフ情報ALBA.Net>