申ジエら海外勢が上位独占 日本勢トップに鈴木愛と工藤遥加

申ジエら海外勢が上位独占 日本勢トップに鈴木愛と工藤遥加

日本勢トップの5位につけた鈴木愛(撮影:佐々木啓)

<ニトリレディス 3日目◇26日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「ニトリレディス」の3日目。全選手がこの日の競技を終え、申ジエ(韓国)が5バーディ・3ボギーの“70”でラウンド。トータル12アンダー単独首位をキープし、今季初勝利に王手をかけている。


3打差2位に全美貞(韓国)、5打差3位には2日目にジエが記録したトーナメントコースレコードを1打更新する“64”をマークしたベイブ・リュウ(台湾)が続いた。日本勢トップはトータル5アンダー5位タイにつけた鈴木愛と工藤遥加。

3戦ぶりに決勝ラウンドに進出したアン・シネ(韓国)は前半で3つスコアを落とすも、後半6番からの4ホールで3つのバーディを奪うなど追い上げを見せ、トータル4オーバー46位タイで3日目を終えている。

【3日目までの順位】
1位:申ジエ(-12)
2位:全美貞(-9)
3位:ベイブ・リュウ(-7)
4位:イ・ミニョン(-6)
5位T:鈴木愛(-5)
5位T:工藤遥加(-5)
5位T:李知姫(-5)
8位T:森田理香子(-4)
8位T:渡邉彩香(-4)他