自己ベスト3位フィニッシュの大堀裕次郎 僚友・比嘉真美子からのエールに「次回こそは」

自己ベスト3位フィニッシュの大堀裕次郎 僚友・比嘉真美子からのエールに「次回こそは」

大堀は自己ベストの3位でフィニッシュ(撮影:村上航)

<RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日◇27日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

逆転でのツアー初優勝を目指し、2日間連続の最終組ラウンドに望んだ大堀裕次郎。この日は、首位タイスタートの池田勇太と上井邦裕とともにプレーしたが、2人のマッチプレーと化した優勝争いに最後まで割って入ることができず、トータル13アンダーの3位でフィニッシュした。


首位の2人とは3打差でのスタート。逆転優勝のためには攻めて行くしかない状況で、「アゲインストだったのでちょっと打ちにくかった。(左サイドがOBなので)逃げの気持ちもあった」という1番のティショットは、いきなり右に。このホールをボギーとすると、「芥屋では、1番から4番が大事。バーディが取れるとビッグスコアが出る」という4番までをすべてパー。「前半もう少し攻められたら良かった」と振り返ったように、結局前半を1バーディ・1ボギーでターン。この時点で池田と上井との差は6つついており、すでに優勝争いからは脱落していた。

しかし、「後半盛り返せて良かった」というように、11番、14番、15番でバーディを奪取。2番以降はノーボギーで結局“69”をマーク。プロ入り後の自己ベストである3位フィニッシュにつなげ、「スイングやメンタルの部分で少し自信になった。これから頑張りたい」と、今後の躍進に意欲をみせた。

今大会では決勝ラウンドの2日間を最終組で回ったが、大堀とって初めての経験。その2日間を優勝した池田と一緒にプレーし、「優勝するために必要なものが見えた週になった。(池田)勇太さんのゴルフを見てもそうですし、勉強になった」と、初優勝への手ごたえをつかんだ1週間になったようだ。

シーズンオフには、師匠である湯原信光らとタイで合宿をする大堀。2週前の国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、4季ぶりのツアーVを果たした比嘉真美子も仲間の1人で、その比嘉が、「勝って意味がある選手だと思います。優勝争いしておかしくない、別に珍しくないことだと思うし、勝ってこそ彼にとっての良いプレー。それくらいの選手だと思います」と言っていたことを伝えると、「そうですか。(比嘉の言葉を)自信に変えて次回こそは」。取材中、ほとんど表情を変えなかった25歳の若武者が、その時だけは少しはにかんだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>