松山英樹は世界ランク3位に後退 今季初Vの池田勇太が63位に浮上

松山英樹は世界ランク3位に後退 今季初Vの池田勇太が63位に浮上

賞金ランク3位へと後退した松山(撮影:GettyImages)

米国男子ツアーのプレーオフ戦「ザ・ノーザン・トラスト」を終え、28日付けの最新男子世界ランキングが発表された。


同大会で今季4勝目を挙げたダスティン・ジョンソン(米国)が首位を堅守。この大会で予選落ちとなった松山英樹は3位に後退。ジョンソンと一騎打ちの末、同大会2位に入ったジョーダン・スピース(米国)が2週間ぶりに世界ランク2位に返り咲いた。また、この大会で3位タイのジョン・ラーム(スペイン)が8位から5位に浮上した。

日本勢では、国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」で今季初勝利を挙げた池田勇太が71位から63位に順位を上げた。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(12.42pt)
2位:ジョーダン・スピース(9.65pt)
3位:松山英樹(9.24pt)
4位:ローリー・マキロイ (7.10pt)
5位:ジョン・ラーム(7.00pt)
6位:ジャスティン・トーマス(6.74pt)
7位:セルヒオ・ガルシア(6.71pt)
8位:ヘンリック・ステンソン(6.66pt)
9位:ジェイソン・デイ(6.42pt)
10位:リッキー・ファウラー(6.02pt)

53位:谷原秀人(2.42pt)
63位:池田勇太(2.20pt)
115位:小平智(1.36pt)
129位:宮里優作(1.27pt)
152位:今平周吾(1.11pt)
177位:藤本佳則(0.97pt)
180位:片岡大育(0.97pt)
193位:宮本勝昌(0.91pt)
196位:石川遼(0.90pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>