「朝一のティショットより緊張」美人コンビ・三ヶ島かなと川崎志穂がドキドキの初イベント!

「朝一のティショットより緊張」美人コンビ・三ヶ島かなと川崎志穂がドキドキの初イベント!

三ヶ島かな(左)と川崎志穂が『JGR』のPRイベントに参加(撮影:ALBA)

28日(月)、中央区にあるゴルフ5プレステージにて三ヶ島かなと川崎志穂が契約を結ぶブリヂストンゴルフの新クラブ『JGR』のPRイベントを行った。


共にこういった店舗でのイベントは初めてとあって緊張した面持ちの2人。三ヶ島は最初のあいさつで「朝一のティショットよりも緊張する」と話したが、いきなりピンマイクが入らないアクシデント。ハンドマイクに持ち替えて、「新しいJGRはスピン量が減ったのに高弾道で今まで狙えなかったところが狙えるようになりました(三ヶ島)」、「初速が早くてテストしたときにびっくりしました。今では手放せないです(川崎)」と新製品をしっかりとアピールした。

早速、その新ドライバーと新アイアンを集まったファンの前で披露。三ヶ島が予定していた3球での結果に納得がいかず「もう一球いいですか?」と負けず嫌いなところを見せれば、飛ばし屋で鳴らす川崎は7番アイアンで200ヤード超えのショットを披露。“飛距離モンスター”のキャッチコピーに恥じない飛ばしを見せた。

そうこうしている内に「あっと言う間だった(三ヶ島)」という1時間が終了。今週開催の「ゴルフ5レディス」に向けて、「暑さに負けないように頑張りたい(三ヶ島)」、「地元開催なので何よりも頑張りたい。難しいコースですが自分らしいゴルフをしたい(川崎)」と意気込みを語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>