通算1アンダー止まりも好調持続 決勝ラウンドの主役候補、宮里優作

通算1アンダー止まりも好調持続 決勝ラウンドの主役候補、宮里優作

6位で予選を通過、宮里優作は逆転Vかけて週末へ(撮影:鈴木祥)

<フジサンケイクラシック 2日目◇1日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

濃霧のためスタート時間が15分遅れとなった「フジサンケイクラシック」の2日目。天候が心配されたものの、その後は青空が広がり、難コンディションに苦しめられた初日の午前組、つまり、2日目午前組の巻き返しが大いに期待された。


しかし、舞台はあの強気でならすベテラン谷口徹にして「あー、早くシニアに行きたい」と嘆かせた近年最長コース。そう簡単にスコアを伸ばすことを許さず、午前組全選手のホールアウト時点で、初日トップの3アンダーに届いた者は誰もいなかった。2週連続優勝のかかった池田勇太も“74”と苦戦し、トータル5オーバー51位タイのカットライン上にまで追い込まれた。

そんな中で注目を集めたのが賞金ランク2位の宮里優作。前日は悪条件下でのパープレーに、上位争いできる手応えをつかめたと語っていたとおり、ハーフ終了時点でスコアを3つ伸ばす好スタート。

「前半はよかったですね。でも、後半はうまくいきませんでした。初日にフィーリングのよかったショートゲームの感覚が今ひとつ出せなかったし、何より風が読めませんでした。肌で感じる以上に舞っていて、(同組の)3人とも別々の方向に打球が流されるんですから。台風の影響があるんでしょうね」と、後半はボギー2つをたたいて、トータル1アンダー止まり。とはいえ、前日同様、午後組が悪条件下でスコアを伸ばしあぐねた結果、首位と5打差の6位タイ。充分に頂点を狙える位置での決勝ラウンド進出となった。

「難関の5番パー4(535ヤード)で2打目を池に入れたんですが、寄せワンボギーで上がれたのが大きかった。それにドライバーの調子がよくて、ボギーを打った後でもフェアウェイをキープできているので、スコアを伸ばせそうな雰囲気があります(宮里)」

先週の「RAIZAP KBCオーガスタ」では、トータル1アンダー40位タイで予選を突破しながら、終わってみればトータル12アンダー単独4位。「そうですね、それを考えれば順調な滑り出しといえるかも。決勝ラウンド2日間、今日の反省を生かしつつ、気持ちを切り替えて挑みたいと思います」。特に気負うことなくコースと、そして、冷静に自分と向き合っている。

ちなみに、今大会のコースセッティングアドバイザーを務める細川和彦氏は「天候にもよりますけど、好条件だったとしても4日間アンダーパーはせいぜい10人程度。優勝スコアは7アンダー前後」と予想する。今週末の熱戦に期待だ。

文/伊藤昇市

<ゴルフ情報ALBA.Net>