P・マークセンが完全優勝に王手!米山剛が“67”で上位浮上

P・マークセンが完全優勝に王手!米山剛が“67”で上位浮上

完全優勝に王手をかけたプラヤド・マークセン(写真は全英OP)(撮影:GettyImages)

<コマツオープン2017 2日目◇1日◇小松カントリークラブ(6,373ヤード・パー72)>

国内シニアツアー「コマツオープン」の第2ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、昨年覇者のプラヤド・マークセン(タイ)が7バーディ・2ボギーの“67”をマーク。トータル9アンダー単独首位でフィニッシュし、完全優勝&今季3勝目に王手をかけている。


3打差2位タイに渡辺司、金鍾徳(韓国)、フランキー・ミノザ(フィリピン)、4打差5位タイに呂文徳(台湾)、加瀬秀樹、白浜育男がつけている。

3週連続Vを狙う米山剛はマークセンと並ぶこの日のベストスコアタイ“67”を叩き出し、トータル4アンダー8位タイにジャンプアップ。シニアルーキーの川岸良兼もスコアを3つ伸ばし、トータルイーブンパー23位タイに浮上している。

【2日目までの順位】
1位:プラヤド・マークセン(-9)
2位T:渡辺司(-6)
2位T:金鍾徳(-6)
2位T:フランキー・ミノザ(-6)
5位T:呂文徳(-5)
5位T:加瀬秀樹(-5)
5位T:白浜育男(-5)
8位T:米山剛(-4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)