米PGAツアーで揉まれた技術で岩田寛が6アンダー首位キープ

米PGAツアーで揉まれた技術で岩田寛が6アンダー首位キープ

米PGAツアーで培った技で、明日以降の活躍にも期待!(撮影:鈴木祥)

<フジサンケイクラシック 2日目◇1日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

予想通り午後組もなかなかスコアを伸ばせない中、3アンダー首位タイでスタートした岩田寛もアウトスタート5番でボギー。しかし、インで4バーディを稼ぎ、トータル6アンダーで予選首位を守った。


「前半はスコアを落としたけど、そんなに悪くなかった。5番のボギーも、入ったと思ったパットがカップに嫌われただけなので気にしなかった。(スコアを伸ばした)後半は風が舞っていて難しかった。イメージに近いショットも打てましたけど、昨日もいったように、今日も何も考えずに淡々とプレーしました。順位のことも全然意識していません」と、ポツリ、ポツリと笑顔も一切なしの岩田節。今日のスコアやプレー内容にも、本人はまだまだ納得できぬようだ。

それでもこのモンスターコース相手に、連日の“68”、3アンダーをマークしたのは、好成績を残せなかったとはいえ、厳しいコースセッティングの米PGAツアーで技も気持ちも磨かれてきたからだろう。後半、深いラフからピンそばに寄せたアプローチも、そんなに深いラフではなかったとのコメントがそれを裏付ける。

前日はラウンド後、練習を一切せずにコースを後にした。「今の状態で練習すれば、考えすぎてしまって、悪い方向に向かうに決まっている。今は無駄なことにしか思えない」といいながらも、現状、コースでベストパフォーマンスを見せるには、それがベストだと自己分析しているのだろう。当然、宿泊先に戻ってもクールダウンや体調管理の時間を多く費やしている。

明日の決勝ラウンド初日、最終組でのラウンドも「パターのタッチが合わなくて不安もあるけど、それも、あまり深く考えずにプレーします。優勝?考えません。明日の結果次第でまた変わってくるかもしれませんけど…」。

恐らくは明日、好成績で上がってきても、再び「何も考えずにプレーしました」と記者泣かせのコメントをすることだろう。それでもいい。今週末、米PGAツアーで培った技で、このモンスターコースを見事打ち負かしてくれれば。

文・伊藤昇市

<ゴルフ情報ALBA.Net>