2日連続の“イケイケ作戦”で首位浮上!下川めぐみが悲願のツアー初Vに王手

2日連続の“イケイケ作戦”で首位浮上!下川めぐみが悲願のツアー初Vに王手

下川めぐみ、悲願の初勝利に王手をかけた(撮影:佐々木啓)

<ゴルフ5レディス 2日目◇2日◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(6,373ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」は予選ラウンドが終了。2アンダーの2位タイから出た下川めぐみが、この日3つスコアを伸ばし、トータル5アンダーで単独首位に浮上。ツアー初優勝に王手をかけた。


激しい風雨と寒さに見舞われた初日に“イケイケ作戦”を慣行し、2アンダー・2位タイ発進。2日目も、「前半はショットがバーディチャンスについていたけど、パットが入らなかった。後半はパットが入りだした」と振り返ったように、前半を2バーディ・2ボギーのパープレーで折り返すと、後半は16番までに4つのバーディを奪う“イケイケ”状態に。最終18番で3パットを叩きボギーとしたものの、6バーディ・3ボギーの“69”をマーク。トータル5アンダーで単独首位に立った。

去年の「ダンロップ女子オープン」の第2ラウンド以来となる最終組でのラウンドについて、「緊張感が全然違う。何回か経験はしたので死んじゃうような緊張感はなくなったけど、昨日まで打てていたパットを打ち切れなかった」とこぼしたが、「場数が足りていないので、経験値を増やそうと頑張った」と、自らのプレーにはとりあえず及第点をつけた。

2007年にプロテストに合格した下川にとって、明日は悲願でもあるツアー初勝利をかけたラウンドになる。「(優勝を)意識しないで自分のゴルフに専念したい。それができた時に優勝できる」と静かに語った34歳。あすの18番でとびっきりの笑顔を見せてくれることを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>