2週連続カットライン上で予選通過!高木萌衣は“ギリギリガール”

2週連続カットライン上で予選通過!高木萌衣は“ギリギリガール”

“ギリギリガール”高木萌衣、最終日の躍動に期待(撮影:村上航)

<ゴルフ5レディス 2日目◇2日◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(6,373ヤード・パー72)>

4オーバー49位タイからスタートした高木萌衣が、3バーディ・4ボギーの“73”とスコアを落としながらも、トータル5オーバーの42位タイに浮上してフィニッシュ。2週連続となる予選カットラインギリギリでの決勝ラウンド進出を果たした。


「今回もギリギリですね。大丈夫ですかね」。ラウンド後、予選カットラインにかかるかどうかの緊迫した状況にも関わらず、明るい表情を見せてくれた高木。インスタートとなったこの日は、前半を3バーディ・1ボギーで折り返したものの、後半で3ボギーを叩きトータル5オーバーでホールアウト。最終的に42位タイとなり、予選カットラインをギリギリでクリア。前週の「ニトリレディス」でも56位タイのカットライン上で決勝に進んでおり、2週連続での“ギリギリガール”だ。

「朝の練習では調子が悪かった」というが、ラウンドに入るとショットが上向きに。前半は17番以外で全てパーオンするなど、18ホール中14ホールでパーオンに成功。「それでバーディ3つは少ない」は確かにその通り。本人曰く、「あと2つは入れたかった。もったいない」と頭をかいた。

高木は、去年8月の「ニトリレディス」から今年5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」までの間、21回続けての予選落ちという悪夢を乗り越えてきただけに、精神力の強さは本物のはず。「ツアーでの1日のベストスコアが“69”なので、明日は“68”を目指します」と朗らかに宣言してくれた20歳。活躍を大いに期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>