松山英樹の欲望が炸裂「1日13バーディーとか来て欲しい!」

松山英樹の欲望が炸裂「1日13バーディーとか来て欲しい!」

松山、この2日間のプレーによっぽど不満が溜まっていたようだ(撮影:GettyImages)

<デル・テクノロジーズ選手権 2日目◇2日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>

初日42位タイと出遅れた松山英樹。この2日目は2バーディ・2ボギーの“71”でラウンド。スコアは落とさなかったが、遅れを取り返すことはできずトータル1オーバーで47位タイに後退した。


初日と同じくプレーの感触は悪く、「全然もどってこない。いいショットの後パット入らなかったり」と流れにも乗れずスコアを伸ばせずに終わってしまった。8番ではもう少しでホールインワンというスーパーショットをみせたが、「入る運がないんですよ、ボク」と自虐。その後は「入らなくてもいいから1日13バーディーとか来て欲しい!(笑)13バーディー・5ボギーだったら8アンダーだから優勝争いに、からめないか?2イーグル・2バーディー・ノーボギーでもいい」」、この2日間でよっぽどフラストレーションが溜まっていたのか、欲望を炸裂させていた。

「2日間で1イーグル、3バーディーじゃつまんないでしょ!」。バーディへの渇望が次々に口をついた松山。ただ、自身の今の調子で明日の8アンダーは「無理だと思う」とも話していた。

ともあれ、先週は予選落ちだったがこの試合では4日間戦えることに。「2週連続はイヤだったので良かったです」とまずは一安心。あとはプレーの中で良いときの感触を取り戻せるか。「それがもどれば上位にはいけると思う」、本来の力が発揮できれば巻き返しは困難ではない。次につながるよう戦いながら調整を重ね、1つでも多くのバーディを獲りにいくのみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>