難セッティングも何のその “67”の今平周吾が今季5度目のトップ5入り

難セッティングも何のその “67”の今平周吾が今季5度目のトップ5入り

今季5度目のトップ5フィニッシュとなった今平周吾(撮影:鈴木祥)

<フジサンケイクラシック 最終日◇3日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

今年の富士桜CCは例年以上に選手達へ牙を剥いた。優勝したW・H・リュー(韓国)のスコアは、同コースにおける歴代最多優勝スコアを4打更新する“281”。絶妙に配置されたピンポジションに数多の選手が苦しめられ、最終的にアンダーパーで終えたのは僅か6人という結果に終わった。


その6人の中に、5月の「関西オープン」でツアー初勝利を挙げた24歳・今平周吾の姿があった。3オーバー22位タイから最終日をスタートさせ、4バーディ・ノーボギーの“67”をマーク。トータル1アンダーで、今季5度目となるトップ5フィニッシュとなり、「今後の秋の試合へとつなげられそうです」と笑顔を見せた。

「昨日くらいからショットがよくなりました。それまでトップからの切り返しでクラブが寝る悪いクセが出ていたので、クラブを少しタテめに下ろしたかったんですが、それがどうもうまくいかなかったんです。でも、この大会期間中にうまく修正できました(今平)」

先週の「RIZAP KBCオーガスタ」では、その悪いクセが強く出て予選落ち。ゴルフに自信を失いかけたというが、難コース・富士桜カントリー倶楽部を相手に戦っているうちにショットだけでなく、アプローチもパッティングもいいイメージで打てるようになったという。

初優勝を挙げた関西オープンでは、京都が誇る難コース・城陽カントリー倶楽部で完全Vを達成する圧巻のプレーを披露した。5月の「日本プロゴルフ選手権」では、メジャー仕様のかねひで喜瀬カントリークラブにおいて4日間いずれもアンダーパーを記録。難コースを得意としていることを成績が証明しているが、「いえ、そんなことないです。でもボクのゴルフはボギーを打たないことを信条にしているので、それが成績に表れるのかもしれませんね」と、本人は至って謙虚。同時に、自身の最大の武器であるショットの安定感を裏付けるデータに、少しだけ胸を張っていた。

今大会の結果で賞金418万円を加算。獲得賞金額は4,800万円を超えランキング4位につける。首位のチャン・キム(米国)とは約3,000万円の開きがあるが、そこは難セッティングをものともしない若きショットメーカー。「日本オープン」を始めとする、ビッグトーナメントが多く控えている秋の陣で大仕事をやってのける。そんな期待を抱かせてくれた。

文/伊藤昇市

<ゴルフ情報ALBA.Net>