メジャー3連勝、そして“日本”タイトル獲得へ キム・ハヌル「状態は100%」

メジャー3連勝、そして“日本”タイトル獲得へ キム・ハヌル「状態は100%」

3つ目のメジャータイトルへ意欲を見せたハヌル(撮影:鈴木祥)

<日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 事前情報◇6日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>

7日(木)より岩手県にある安比高原ゴルフクラブにて国内女子メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」が開幕。昨年の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」、今年5月の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」と公式戦連勝中のキム・ハヌル(韓国)がメジャー3連勝に挑む。


先週の「ゴルフ5レディス」は右肩痛のためプロアマ戦を棄権するなど、コンディションは良くなかったが最終日に“67”を叩きだし3位タイフィニッシュ。「良い成績で終われて、ショットの調子も良い。ゴルフの調子も良い」。問題の肩から首にかけての痛みも入念なマッサージにより回復。「体の状態は良い。100%です」と顔を上げた。

月曜から岩手に入りここまで36ホールラウンドした感想は「シラカバの木がとてもきれいな林間コース。メジャーだけあって、距離もラフも長くて難しい」といったもの。「正確なショットとショートゲームがキーポイントでしょう。ただ飛ばすだけではダメなコースです」と警戒した。

とはいえ、「色々な技術を必要とするコースでプレーするのは、とても楽しみ。メジャー3連勝は難しいですが…だけど、調子は良いので楽しくラウンドしたい。毎日アンダーパーでいければ優勝争いができる」と笑顔を見せたハヌル。「“日本”と国名が付く大会は特に優勝したい。そういったナショナルトーナメントは韓国でも優勝したことないので」と3つ目のメジャータイトルへ意欲を見せた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>