アン・シネ、“大好き”なコンビニ飯も実らず ノーバーディで41位後退

アン・シネ、“大好き”なコンビニ飯も実らず ノーバーディで41位後退

「爽やかなブルーのウェアで」明日のラウンドに挑む!(撮影:鈴木祥)

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目◇8日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>

「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」2日目。日本ツアー初優勝へ好位置で決勝に進みたかったアン・シネ(韓国)だったが、ノーバーディ・4ボギーの“75”と大苦戦。トータル4オーバーの41位タイに後退した。


「昨日のショットはどこに行ってしまったんだろう、という感じ」とこの日のゴルフを表現したシネ。「昨日は途中から雨が来て、そのグリーンにタッチが合っていたが、今日は晴れて速くなった。それに対応できなかった。難しかったですね」と唇を噛んだ。

昨日は午後組、この日は午前組。少しでも睡眠時間を確保しようと昨晩の夕飯はコンビニで済ませてこの日に備えた。元よりコンビニは大好き。「日本のコンビニは愛してます。それぞれに好きなものがあるんですよ。セブンイレブンのエッグサンド、ファミリーマートの半熟煮卵むすび、そしてローソンは唐揚げ」とすらすらと言えるほどコンビニフリークのため苦にはならないが、スコアには結びつかなかった。ちなみに「新鮮なものがある日本に比べて、韓国は保存期間が長いものが置かれてるので」と韓国のコンビニにはあまり行かないらしい。

「今日までの2日間は予選落ちを考えてしまって普段以上に緊張しました。今日チャンスを逃した分も明日は獲りたいですね。爽やかなブルーのウェアで爽やかにプレーしたいと思います」と意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>