柏原明日架が首位キープ!“もったいない”ボギースタートにも気持ち切らさず

柏原明日架が首位キープ!“もったいない”ボギースタートにも気持ち切らさず

1番で3パットのボギーを叩くも、なんとか首位をキープ!(撮影:鈴木祥)

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目◇8日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>

「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の初日に4アンダーを叩きだし首位タイ発進を決めた柏原明日架。2日目はボギーが先に来る展開となったが、4バーディ・4ボギーの“71”と粘りを見せてトータル4アンダーの首位タイをキープした。


いきなり1番で3パットのボギーを叩く嫌な展開。いつもなら崩れてもおかしくなかったが、成長を見せた。「もったいないボギーだったので、後に響きそうでした。でも次に持ち越さない、切り替えることを意識した。ミスに敏感に反応しないように」と気持ちを切らさず。3番でもボギーが来たが、6番、7番と連続バーディを奪い帳消しに。折り返しての10番でもボギーを叩いたが、その後を2バーディ・1ボギーにまとめた。

「明日からも良いショット悪いショットに関わらず引きずらないように、そして順位やスコアを意識しすぎず自分の状態にフォーカスして戦っていきたい。最終日に向かうにつれてセッティングは難しくなると思いますが、自分の悪いクセを出さないようにしたい。それを自然とできるように戦っていきたいですね」。これまでの良かったことも一度リセットして、明日からの36ホールへと向かっていく構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>