「沢山バーディ獲ってスコア伸ばす」上原彩子が13位タイで決勝ラウンドへ

「沢山バーディ獲ってスコア伸ばす」上原彩子が13位タイで決勝ラウンドへ

13位タイで決勝Rに臨む上原(写真はカナディアン・パシフィック女子オープン)(撮影:GettyImages)

<インディ・ウィメン・イン・テック選手権 2日目◇8日◇ブリックヤード・クロッシングGC (6,599ヤード・パー72)>

米国女子ツアー「インディ・ウィメン・イン・テック選手権」の第2ラウンド。4アンダー・19位タイから出た上原彩子が、この日5バーディ・1ボギーの“68”の好スコアをマーク。13位タイに順位を上げ、決勝ラウンドへ進出した。


この日はインからのスタートとなったが、「初日よりパッティングが入ってくれた」と振り返ったように、前半で3バーディを奪いスコアを伸ばすと、後半に入っても1番でバーディを先行。3番でこの日唯一のバギーを叩くも6番で取り返し、最終的には初日から4つスコアを伸ばしてホールアウトした。

13位タイの好位置で最終日を迎えることについては、「グリーンのアンジュレーションが強いので、ボールの置き所が大事になってくるが、ショットの感じが良いので明日も楽しみ」と話した上原。今季ベストである「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」の6位タイ以上でのフィニッシュに向けて、「明日も沢山バーディーを取って、スコアを伸ばして頑張ります」と前を向いた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>