懐かし!日本ツアー11勝のトッド・ハミルトン「勝ってスーパードライで祝杯だ!」

懐かし!日本ツアー11勝のトッド・ハミルトン「勝ってスーパードライで祝杯だ!」

ナイスミドル!トッド・ハミルトンが初優勝を視界に入れた(撮影:GettyImages)

<JAPAN AIRLINES チャンピオンシップ 2日目◇9日◇成田ゴルフ倶楽部(7,157ヤード・パー72)>

1992年から12年間、日本ツアーで戦ったトッド・ハミルトン(米国)が、米PGAチャンピオンズツアー(米シニアツアー)「JAL選手権」の2日目に大爆発。この日のベストスコアとなる”65”をマークしてトータル9アンダーは3位タイまで浮上。思い出の日本で米シニアツアー初優勝を視界にとらえた。


日本ツアーで11勝を挙げ、03年には米PGAツアーの予選会を通過。04年には、アーニー・エルス(南アフリカ)との死闘を制し、まさかといっては失礼だが、「全英オープン」を制覇。堂々のメジャーチャンピオンにまで上り詰めた。日本での公式大会出場は同年の「ダンロップフェニックス」以来。13年ぶりの日本でかつての輝きを取り戻した。

「久しぶりに会えた人もいますし、とにかくコースのコンディションが素晴らしい。間違いなく今季最高のコンディションです」と、日本の“キレイ”なコースでのプレーを楽しんでいる。アジアンツアーで修行を積み、日本で実績を重ね、メジャーで勝つまでに上り詰めた懐かしい顔に、プレー後もサイン待ちの列ができた。

高級すし屋や日本食に話題が及ぶと、「まだスーパードライはあるのか? あれはうまいよね」と、なぜかビールのお話。「普段はあまり飲まないんだけど、今週はスーパードライを飲みたいね。試合中に飲むことはないから、ぜひ明日飲みたい」と、3打差からの逆転優勝を果たし、懐かしのお気に入りビールで祝杯をする気満々だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>