3日目はバーディ0人…メジャー制覇へは、難関3番を攻略セヨ

3日目はバーディ0人…メジャー制覇へは、難関3番を攻略セヨ

最難関3番パー4、距離が長いうえにウッドが見えなくなるほどラフも深い(撮影:米山聡明)

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目◇10日◇安比高原ゴルフクラブ(6,640ヤード・パー71)>

3日目の競技が終了した「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」。多くの選手がスコアを落とすムービングデーとなったが、中でも一番の難易度となったのが3番ホール(450ヤード・パー4)だった。


同ホールは通常営業時のパー5をパー4として使用。1990年以降ですでに開催された大会におけるパー4の中で2番目の長さを誇る。しかもフラットで、だ。2日目まではティが約15ヤード前に出ていたため、他のホールに難易度1位の座を譲っていたが、今日はティマーカーが通常の位置に下がり、選手たちに牙を向いた。それだけではない。ピン位置は左奥に切られて、風はアゲインスト。結果、この日バーディを奪った選手は1人も出なかった。それどころか首位スタートの黄アルム(韓国)はこのホールでトリプルボギーを叩き首位から陥落。平均スコアは4.7231(18ホール中1位)と多くの選手がここでスコアを落とした。

コースセッティングを担当した岡本綾子は「ティショットが唯一思い切り打てるホール。2打でバーディチャンスに寄せられる選手は2割程度と予想。ティショットの距離と正確性、グリーンを外したときのリカバリーがポイント」と解説している同ホール。実際に青木瀬令奈のキャディとしてコースを3日間見ている大西翔太氏は「今日みたいなアゲインストの風が吹いたらより難しい。グリーンの奥に付ければ転がって奥のラフまで行くし、例えパーオンしてもグリーン手前ならピンまで段があるので3パットの可能性も低くない。大事なのは“ボギーでいいよね”という余裕。これをなくして頑張ろうとするとダボまである」と話した。

「今日もパーオンできました」と話す葭葉ルミ、テレサ・ルー(台湾)といった飛ばし屋でならす選手はまだ良いが、飛距離の出ない選手ではパーセーブも難しい。そこでパーセーブでしのいだルートをこの日パーを獲った李知姫、申ジエ(共に韓国)に聞いた。

知姫はティショットをドライバーで放ち残り225ヤード。スプーンでエッジまで運ぶと残り27ヤードのアプローチを1.5mまで寄せてパー。ただし寄せただけではダメと話す。「今日は上りのラインにつけられましたが、横だと例え1.5mでも傾斜があるので難しい」。実際アン・ソンジュ(韓国)はこの日約1mのパーパットを外している。アプローチでつける位置もかなり重要のようだ。

一方で「今日はドライバーも頑張って振って、2打目のスプーンも頑張って振って何とか届きました」と話すのがジエ。2オン2パットでパーとしたが、「グリーンの周りのバンカーもとても難しい。今日は何とかパーにできましたが、昨日はグリーン周りで苦戦してダブルボギーでした。ちょっとの油断で一気にスコアを落とします」。ツアー屈指の難しさを誇る小樽カントリー倶楽部の16番(447ヤード・パー4)と比較して、「向こうは強い風が読みづらいですが、こっちのホールはとにかく長いという別の難しさがありますね」と話した。

今日、知姫と並んで首位タイをキープした東浩子はボギーとしたが、「惜しいボギーでしたのでストレスはなかったです。ティショットはドライバーで打ちましたが距離が残りました。それでも刻むという選択肢は私の中ではなかったです。刻んで残り50ヤードでもラフに入ったら3打目もとても難しいので、明日も突っ込もうと思っています」と攻め方を解説する。

また、ボギーでも冷静でいられたのにはもう1つ理由があった。「2番でバーディを獲れていたのが大きかったですね。貯金ができていたので余裕があった。3番は今週一番難しいホールなので」。岡本がセッティングの説明で「長いホールもありますが、短いホールでしっかりと獲ることが大事」と語ったように、比較的距離の短い2番でしっかりとスコアを伸ばすことも攻略のカギを握るだろう。

開幕前に鈴木愛が「パー4.5くらいの気持ちでいます。4日のうち2日パーを獲れれば良い」と話していた3番ホール。ここでパーをセーブすることが優勝をグッと引き寄せる。

※国内女子ツアー歴代パー4最長ホール(1990年以降)
1位:「日本女子オープン(2016年)」
烏山城カントリークラブ 二の丸/三の丸コース17番 490ヤード
2位:「LPGAツアー選手権リコーカップ(2002年)」
ハイビスカスゴルフクラブ9番 450ヤード
2位:「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(2017年)」
安比高原ゴルフクラブ3番 450ヤード
4位:「ヨネックスレディス(1999-2017年)」
ヨネックスカントリークラブ2番 449ヤード
4位:「フジサンケイレディス(2004年)」
富士レイクサイドカントリー倶楽部1番 449ヤード

<ゴルフ情報ALBA.Net>