レクシー・トンプソンが新規大会を制し初代女王に 上原彩子は30位

レクシー・トンプソンが新規大会を制し初代女王に 上原彩子は30位

コースからレース場へ移動して歓喜のミルクかけ!(撮影:GettyImages)

<インディ・ウィメン・イン・テック選手権 最終日◇9日◇ブリックヤード・クロッシングGC (6,599ヤード・パー72)>

米国女子ツアーの新規大会「インディ・ウィメン・イン・テック選手権」の最終日。首位タイから出たレクシー・トンプソン(米国)が6バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。スコアを4つ伸ばしトータル19アンダーで今季2勝目、この大会の初代女王となった。


トンプソンと並んで首位から出たリディア・コ(ニュージーランド)はスコアを伸ばせずトータル15アンダーで2位に。トータル14アンダー3位にはミンジー・リー(オーストラリア)が入った。

日本勢の最高位はトータル6アンダー30位タイの上原彩子。畑岡奈紗はトータル3オーバー69位タイで競技を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)